• 特長

    G7N

    傾斜補正機能搭載

    コントローラーは見やすいAndroid端末

    GPS、GLONASS、QZSSからの信号を受信可能

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    PENTAX G7N は傾斜補正機能を搭載

    ポールを傾けることにより、建物や木の近くでも計測がしやすくなりました。ポールの傾斜が 30°以内であれば、リアルタイムに座標を補正します。また、データ コレクタの画面に表示される電子気泡管により、傾きを確認できます。杭等の高さによりポールの気泡管が見えにくい時に便利です。設定した範囲より傾いた場合は、コントローラの電子気泡管が赤くなります。

     

    PENTAX G7シリーズは 2周波GNSS受信機 補正データの受信が容易に!簡単操作で高パフォーマンス 最新鋭の衛星受信ボードを搭載

    G7は、GPS、GLONASS、QZSS(準天頂衛星みちびき)からの信号を受信できる最新鋭の受信ボードを搭載しています。そのため、多くの衛星を受信し高精度の素早い観測が可能になりました。

     

     

     

    PENTAX G7N 簡単設置、計測開始まで約10秒

    RTK観測の平均再捕捉時間は、約10秒と短時間です。また、前回の設定を記憶し、自動的に観測を開始します。

     

     

    PENTAX G7 Wi-Fiルータが不要、ケーブルレスでネットワークRTK観測を実現

    ネットワーク上の基準点または、仮想基準点のデータを内蔵のセルラーモデムで、配信サーバーから取得できます。SIMカードを本体に挿入し、直接携帯回線に接続できます。Wi-Fiルータの使用や、テザリングをする必要はありません。SIMカード等の詳細については、お問い合わせ下さい。

     

     

     

     

     

    SIMカードで補正データを直接受信 連続使用時間は約10時間

    Li-ionバッテリを2個搭載。ホットスワップ対応で観測中でも交換が可能です。

     

    PENTAX G7N 軽量かつ頑丈、防塵防水IP67

    本体は放熱性に優れたマグネシウム合金を使用し、従来より耐衝撃性が大幅に向上しました。バッテリ込みで、1.25kgとコンパクト

     

    G7Nコントローラは見やすいAndroid™端末

    視認性の高いAndroid端末の画面で、操作がより一層しやすくなりました。

     

     

     

    G7Nコントローラ用 ソフトウェア

    ソフトウェアは、用途により【RTK観測】または、【スタティック観測】のご購入となります。

    RTK観測メニュー

    衛星配置

    観測

    電子気泡管が表示されます。

     

    誘導

     

     

    G7N簡易帳票出力ソフト 手簿記簿出力のためのソフトウェア

     

    コントローラで記録したGNSS受信機からのRTK観測データを使い、手簿・記簿を出力、印刷するソフトウェアです。オプションとなります。
    主な機能
    ・入力ファイル選択  弊社コントローラから出力するCSTファイルを読み込みます。
    ・セッション編集   使用するセッション、移動局の情報を編集します。
    ・手簿 記事事項設定 RTK-GNSS、ネットワーク型RTK-GNSSを選択し、必要事項を設定します。
    ・記簿 記事事項設定 基準点の情報を選択し、必要事項を設定します。
    ・印刷プレビュー・出力 作成した帳票を印刷するか、エクセルまたは、PDFで保存します。

     

  • 仕様

  • カタログ