お知らせ NEWS

お知らせ詳細

【お客様訪問】 S-3180V の可能性に早くから着目。i-Construction をはじめ、多様な活用術に迫る。-金杉建設様

埼玉県春日部市を拠点に、公共工事から民間工事まで、幅広いプロジェクトを手掛ける金杉建設株式会社様。

ICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)を全面的に活用した i-Construction にも、早い段階から積極的に取り組まれています。i-Construction への対応について、弊社代表取締役の田中秀彦が、吉川祐介専務取締役にお話を伺いました。(以下、敬称略)

田中:御社の概要を簡単にお聞かせください。
吉川:1950 年(昭和 25 年)の創業以来、今年で 68 年目を迎えます。現在の従業員数は、関連会社を含めて約 80 名になります。

田中:御社は 2017 年に建設土木関係の賞を 16 も受賞をされています。それだけ社員の方の意識が高いということでしょうか。
吉川:そうですね。「ひとつひとつの工事で賞を取る気で取り組もう」と声を掛けて実践しています。

田中:御社では i-Construction にも積極的に取り組まれ、2018 年度の「i-Construction 大賞」を受賞されています。i-Construction に取り組まれたきっかけについて、教えていただけますか。
吉川:国土交通省が i-Construction に取り組む 10 年ほど前の話になります。情報化施工の普及に向けた試験施工を実施することになり、弊社は対象工事となった築堤工事を受注しました。この受注をきっかけとして、弊社は重機のシステムなどの自社購入に踏み切り、盛土の敷均し・締固めの情報化施工管理と TS 出来形管理を行いました。

その後、国土交通省では 2016 年度から ICT 施工への取り組みである「i-Construction」がスタートし、弊社でも ICT 活用工事を受注しました。最初は ICT 施工を外注に出していましたが、外注施工ではコストの面や社内における技術向上の面でデメリットが多く、それを解消するには自社で ICT 機器を所有するしかないと考えるに至ったのです。

現在は 10 年前に購入した情報化施工の機器を ICT 施工に活用しているほか、3D 地上型レーザスキャナ、ICT 建機、3 次元設計データ作成ソフト、点群処理ソフト、3 次元出来形管理ソフトなどを所有しています。ICT 施工の内製化は、弊社の特性の一つと言ってもいいでしょう。

田中:i-Construction への対応を躊躇する企業さんが多い中、御社は先駆者とも言える存在ですね。その点については、どのようにお考えですか。
吉川:弊社には、重機や測量機、専門技術ソフトをリースや外注で済ませるのではなく、自社保有することで、社内の技術レベルを向上させていこうと考える企業風土がありました。「前例や実績のない新製品だから購入しない」と考える企業さんもいますが、私たちは「まだ市場がない物を取り入れ、そこに技術的な価値を見出そう」という考えを常に持っています。そのような企業風土に基づいて、メーカーさんが作った最先端の機械を積極的に取り入れてきました。


田中:新しい製品や技術を導入することについて、実際にそれらを使用する立場の方の反応はいかがですか。
吉川:これからの土木技術には、生産性の向上とデータ解析の操作技術が必須となります。
スマートフォンを例に考えてみてください。最初のうちは「スマホはよく分からない」と触れることさえ避けていた人でも、お孫さんが生まれると使いこなしていたりしますよね。それと同じで、「これを覚えなければ、ご飯が食べられなくなる」という思いで懸命に新しいことと向かい合い、技術を習得するようにしています。


田中:PENTAX の 3D 地上型レーザスキャナ「S-3180V」を導入されたきっかけを教えてください。
吉川:現場の点群化をより効率的に行いたいと考えたことがきっかけです。

従来のように点群化に UAV(無人航空機、通称ドローン)を使用する場合、写真を撮影してから整理を行ったうえで、それらの写真データを点群データに変換する必要があるため、非常に時間が掛かっていました。さらに、河川の工事は強風の日が多くなる冬場に繁忙期を迎えるため、UAV の飛行が困難な日も出てきます。そうなると測定を諦めるしかありませんが、現場は常に工期に追われているので困ってしまうわけです。

このように UAV を使用すると、現場の工程管理が UAV の撮影コンディションに影響されてしまいます。そこで弊社としては、現地の点群データが安定して取得できるうえに、写真データを点群に変換する必要がある UAV よりも、始めから点群を測定できるレーザスキャナの方が効率的であると判断し、御社の 3D 地上型レーザスキャナ「S-3180V」が最適ではないかと考えたのです。三脚に載せて使用する点も今までのトータルステーションに近く、土木技術者であれば簡単に扱えるだろうと思い、導入の決め手になりました。


田中:実際に S-3180V を導入された前と後では、どのような違いを感じていますか。
吉川:顕著な違いは、観測者が決めたポイントはもちろんのこと、観測者が予測できないポイントもしっかり押さえてくれるところです。工程も組みやすくなりました。こちらについては、後ほど現場担当の小俣から、より具体的なお話ができると思います。


田中:S-3180V は、防災においても活用の可能性がありますか。
吉川:例えば、ブロック塀の位置を 3D スキャナで取得しておき、地震などで傾いたときに再度データを取得することで、どの部分が変わったのか、データの比較に利用できると思います。他にも、たくさんの計測器と時間を要する山の計測については、3D スキャナを用いた方が容易になるでしょう。3D スキャナで取得したデータを前後で比較することにより、山の動きを把握して災害を予測するような可能性が秘められているかもしれません。

田中:本日は大変貴重なお話をありがとうございました。次回は実際に現場で作業されている社員の方にインタビューさせて頂きます。 

写真1:吉川祐介専務取締役(左)とTIアサヒ株式会社 田中秀彦代表取締役(右)と金杉建設株式会社様にて

(【お客様訪問】 S-3180Vによる効率化の実態とは-金杉建設様 へと続きます。)